ローコスト住宅を購入しよう|夢のマイホームが実現

依頼する会社を選ぶ

相談

建築家に依頼する場合

新築の家作りの依頼先は、建築家、ハウスメーカー、工務店に分かれ、其々に利点があります。建築家は1級または2級の資格を有し、施主の要望に応じたオーダーメードの新築を作ります。中庭がある京都の家や天然素材を生かした家など其々にこだわりやポリシーを持ち、得意とすることも違うので、そこをよく見極めることが建築家選びのポイントです。ハウスメーカーは全国に営業所を持ち、様々なニーズに応えて開発した新築住宅を商品として提供しています。設計から施工までシステム化された管理体制で進められ、高品質でコストパフォーマンスの高い新築の家作りを実現します。プレハブ工法、2×4工法、木造軸組工法など、メーカーによって得意な工法が異なります。工務店は京都の地元に根ざした営業を行い、規模は様々ですが設計から施工までを請け負います。木造住宅を得意とするところが多く、ベテランの大工さんを抱えている京都の工務店もあります。家作りの中身は設計と施工に分かれます。工務店やハウスメーカーの場合は設計から施工まで一貫体制で行うため、工事請負契約の中に設計料が入っています。一方建築家は、設計は建築家が行いますが、施工は施工会社に依頼するので設計業務委託契約と工事請負契約を交わす必要があります。さらに建築家に京都の現場管理を依頼する場合、工事管理業務委託契約も必要になります。建築家に現場の管理を頼めばきちんと工事が行われているかスケジュールに遅れはないかを判断してくれるので、できるだけ依頼した方がいいでしょう。

Back to Top